善玉菌を増やすヨーグルト5選!腸活に取り入れて腸を整えよう!

善玉菌を増やすのに最適なヨーグルト

しかし数あるヨーグルトの中からどれを選べばいいのか迷ってしまった…とお困りではありませんか?

ヨーグルトにはそれぞれ色んな菌が含まれているので、どれも同じではありません。

この記事では、善玉菌増やすおすすめのヨーグルトについてご紹介しています

厳選したヨーグルトのみを紹介しているので、腸活に取り入れる際はぜひ参考にしてください。

善玉菌を増やすヨーグルト5選

さっそく、善玉菌増やすヨーグルトを5つ見ていきましょう

1.明治 ブルガリアヨーグルト

【商品説明】

ヨーグルトの正統派ともいわれているヨーグルトです。

桿菌のブルガリア菌(ラクトバチルス・ブルガリカス)と球菌のサーモフィラス菌(ストレプトコッカス・サーモフィラス)が含まれています。

サーモフィラス菌には腸内環境を良くしたり、美肌効果やがん予防にも効果が期待できます。

特定保健用食品の表示許可も受けており、腸内細菌のバランスを整えたり、お腹の調子を良く保つことが科学的に証明されています。

2.雪印メグミルク ナチュレ恵プレーンヨーグルト


【商品説明】

こちらもスーパーなどで見かけることの多いヨーグルトです。

ガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株が含まれています。

ガセリ菌SP株には整腸作用のほかに、コレステロール値の低下、抗酸化作用があることでも知られています。

日本人の味覚に合わせた酸味がマイルドに仕上がっており、特定保健用食品としても認定されています。

3.森永 ビヒタスヨーグルト


【商品説明】

ビフィズス菌BB536入りのヨーグルトです。

ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸も作り出す働きがあります。

善玉菌を元気にさせる効果や、より強い殺菌作用で悪玉菌を減らしてくれるので、腸内フローラが整えやすくなります。

4.小岩井 生乳100%ヨーグルト


【商品説明】

生乳だけでじっくり発酵させたヨーグルトです。

乳本来のやさしい味わいで、酸味が少なく、とても滑らかな舌触りが特徴です。

生きたビフィズス菌の働きにより、腸内環境を整えやすくしてくれます。

5.タカナシ 生乳100%ヨーグルト


【商品説明】

北海道根釧地方の生乳を100%使用したヨーグルトです。

生きて腸まで届くプロバイオティクスLGG乳酸菌が配合されています。

LGG乳酸菌は花粉症の症状軽減、風邪・ウイルス予防、体脂肪低減効果、大腸炎予防などが期待できます。

酸味が少なく、生乳本来のコクがあります。

善玉菌を増やすヨーグルトの食べ方

善玉菌を増やすヨーグルトはさまざまな菌の種類があります。

実際に食べてみないと、どれが自分の腸内環境に合うのか判断はつきません。

そのため、1日100g~150gほど、1~2週間を目安に同じヨーグルトを継続して食べるようにしましょう

その中でよい変化が現れれば、あなたの腸内環境に合っていることになります。

善玉菌を増やすヨーグルトを食べる際の注意点

健康に良いとされるヨーグルトですが、実は良いことばかりではありません。

ヨーグルトには善玉菌を増やす成分だけでなく、脂肪分も多く入っています。

そのため、たくさん食べ過ぎるとコレステロール値を上げてしまうことにつながります

食べれば食べるほど腸に良い!という訳ではないので注意するようにしましょう。

まとめ

今回は、善玉菌を増やすおすすめのヨーグルトについてをご紹介しました。

ヨーグルトにはそれぞれ色んな菌が使われています。

自分の腸内環境との相性は、実際食べてみないと分かりません。

まずは1~2週間をめどに、同じヨーグルトを食べて体質に変化があるかどうか検証してみましょう。

ただし、乳製品には脂肪分も含まれているので、食べ過ぎには注意してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする